保険会社まかせから弁護士まかせへ

注目記事

交通事故の被害者になったときの強い味方

あなたが交通事故で被害者となった場合、どのように手続きが進んでいくかご存知ですか?いわゆる0:100、あなたには全く責任のない交通事故では、相手方から全面的に損害賠償を受けることになります。その際ほとんどの人は任意保険に加入していますから、相手方の保険会社が直接の話し合い相手となります。つまり、あなたが加入している保険会社ではなく、全く未知の相手の保険会社と話し合いをしなければならないことになります。

交通事故の相手方や状況がどのようなものであるか、これは全く予測が付きません。感情的になり、納得のいかない話し合いが進むことも考えらえます。交渉の素人である自分が上手く話し合いを進めることができず、被害者であるにも関わらずストレスを抱えてしまうこともあるかも知れません。

こんなとき、あなたの強い味方になってくれるのが弁護士です。話し合いの相手方との間に入り交渉を行ってくれます。あなたが相手方保険会社や相手方と直接やりとりをして、精神的な負担を抱えてしまうこともありません。また弁護士はさまざまな問題を扱っており、その経験に応じて専門分野を持っています。インターネットなどから弁護士のプロフィールを見ると、経歴や専門分野を知ることができます。話し合いが上手くいかない場合、不安な場合は迷わず事故問題に強い弁護士に相談し、あなたが心から納得した上で事故を解決するようにしましょう。

交通事故は弁護士に依頼する時代へ

交通事故にあったとき、慌てずに対応するのは安易ではありません。特に最近増えているのが、自転車と歩行者の事故なのですが、自転車は保険に必ず加入しなくてはならないというような義務はありませんので、自転車で走行中に歩行者とぶつかってしまったとき、保険会社へと相談をすることもできません。そのようなときに、弁護士に依頼をすると、スムーズに話を進めてくれます。さまざまな弁護士事務所がありますが、どの弁護士でも良いという訳ではありません。交通事故の弁護には、必ず事故問題に強い弁護士に相談をすることが大切となっています。
そのような弁護士を探すのであれば、専門に扱っているサイトで探すのがいいでしょう。
参考:交通事故弁護士相談リンク

交通事故の問題というのは実はとても複雑であり、交通課とのやり取りにもなりますので、法律以外での知識も必要です。以前はあまりなかった、自転車での事故案件などにおいても、長年交通事故のトラブルに携わってきた、事故問題に強い弁護士であれば、安心して任せることができるはずです。車以外の事故というのは、保険に加入をしていないことも多いため、話がこじれやすいと言われています。被害者の立場であっても、加害者の立場であっても、弁護士に依頼をされておくと、スムーズに事故後の話が進むと言われています。

最新記事一覧

カレンダー

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

新着情報

弁護士に相談した方が良いこれだけの理由

交通事故の過失割合に納得できないときは弁護士に! 自動車同士の交通事故の場合、過失割合という考えがあります…

もっと読む

示談は弁護士を介するのがベストの選択

交通事故の解決を弁護士に頼むメリットとは? 交通事故の被害に遭ってしまった場合、相手側と交渉をしなければい…

もっと読む

非常時には冷静な人間が必要不可欠

万が一の交通事故の時には迷わず相談しよう まさか自分がこんな目に遭うなんて…。不幸にも実際に交通事故を経験…

もっと読む

忘れてはいけない保険会社の建前と本音

交通事故にあってしまったときは弁護士に依頼しましょう もし、交通事故に巻きこまれ、被害者となってしまったと…

もっと読む