忘れてはいけない保険会社の建前と本音

交通事故にあってしまったときは弁護士に依頼しましょう

もし、交通事故に巻きこまれ、被害者となってしまったとき、慌てずに弁護士に相談しましょう。弁護士の中でも、いろいろと専門があり、交通事故や事故問題に強い弁護士に相談することが一番です。弁護士を介するのは面倒だと思いがちですが、弁護士に依頼することでたくさんのメリットがあります。

まず、示談金が増額することが期待できます。また、示談交渉を弁護士にすべて任せることができるので加害者と直接やり取りしなくて済みます。加害者と被害者が直接示談交渉すると、お互い感情的になってしまい嫌な思いをすることがありますが、それを避けることができることがメリットでしょう。さらに慰謝料など、請求漏れをすることがなくなるので安心です。特に重症の人身事故などのときは、後遺障害等級の申請手続きや、休業損害の手続きなど、面倒ですが大切な事務手続きを代行してくれるので、非常に大きなメリットになります。

万が一、弁護士に依頼したことによって費用が逆にかかってしまうときは、相談するときにきちんと費用が上回ってしまうことを事前に教えてもらうことが大切です。だいたいの事務所が電話で無料相談を行っているのでまずは相談してみましょう。

交通事故の保険金を保険会社任せにすると加入者は損をする

交通通事故に遭遇して車両同士の場合、ほとんどの人は保険会社に全ての処理を頼み、後は保険会社からの電話の対応などと結果を聞くだけで、自ら相手の保険会社と保険金についての交渉をする人などいないでしょう。実際は保険会社に一任するのではなく加入者本人が相手の任意保険会社と交渉しても保険金を請求してもいいのですが、一般の人では交通事故の示談交渉など経験しませんし、専門用語を使われては太刀打ちできないのでどうしても保険会社任せになってしまいますが、実は保険会社だけで保険金を計算する場合には自賠責基準という一番低い基準で算定が行われているため、本来はもっと多くの保険金を受け取れるのにその権利を放棄してしまっているのです。

交通事故の保険金の基準は三段階になっていて、一番低くで保険会社が一番多く使っているのが自賠責基準であり、一番高いのは弁護士基準になります。どうして弁護士に依頼すると保険金を多くもらえるのかというと、それは弁護士が介入すれば一番高い弁護士基準で相手の保険会社の交渉するからです。

そのため交通事故が起きて軽微でなければ弁護士を代理人にする方がメリットが出てきますが、弁護士に依頼すると弁護士費用という問題が発生しますので、事故の状況を見て費用を支払ってもメリットがあると判断できたら事故問題に強い弁護士に相談して、費用についての問題も解決して下さい。

最新記事一覧

カレンダー

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

新着情報

弁護士に相談した方が良いこれだけの理由

交通事故の過失割合に納得できないときは弁護士に! 自動車同士の交通事故の場合、過失割合という考えがあります…

もっと読む

示談は弁護士を介するのがベストの選択

交通事故の解決を弁護士に頼むメリットとは? 交通事故の被害に遭ってしまった場合、相手側と交渉をしなければい…

もっと読む

非常時には冷静な人間が必要不可欠

万が一の交通事故の時には迷わず相談しよう まさか自分がこんな目に遭うなんて…。不幸にも実際に交通事故を経験…

もっと読む

忘れてはいけない保険会社の建前と本音

交通事故にあってしまったときは弁護士に依頼しましょう もし、交通事故に巻きこまれ、被害者となってしまったと…

もっと読む