示談は弁護士を介するのがベストの選択

交通事故の解決を弁護士に頼むメリットとは?

交通事故の被害に遭ってしまった場合、相手側と交渉をしなければいけないことがたくさん出てきます。怪我を負ってしまったり、車やバイクなどに傷や故障が起きたりなど被害の度合いもさまざまです。そのような場合、慰謝料などが発生することとなり、被害の度合いによってその額は大きく異なります。個人で交渉を行う場合に比べ、弁護士に依頼するとこの慰謝料が大幅に増額されることが期待されます。怪我などの損害の大きさによって変わる慰謝料ですが、被害の程度と見合っているかということは弁護士などの専門的な知識を持っている人物にしかわかりづらいものです。交通事故の後に確かな知識もないまま、個人で交渉を進めることはおすすめできません。被害や損害を正確に弁護士に伝え、正当な額の慰謝料を請求することが大切です。

また、自動車保険には弁護士特約が付いているものがあります。この弁護士特約というものは、弁護士への依頼料も支払われる保険金の対象となるというものです。弁護士に依頼すると高額の費用が掛かると考えて躊躇しておられた方は、ぜひこの特約を活用してみてください。安心して専門家に任せることができるのでとてもありがたい特約です。まずは契約している自動車保険の内容を詳しく確認してみてください。

交通事故の示談前や示談後の当事者同士の連絡はトラブルに!

自動車同士の交通事故の場合、事故後の処理は保険会社に任せれば良いというのは示談交渉中や示談後にトラブルに発展することがあります。交通事故が発生した当初は、警察へ連絡し現場検証の上、双方の連絡先を交換するのが一般的です。しかし、この連絡先の交換が大きなトラブルの原因になってしまいます。しかし、弁護士に依頼することで、直接の電話連絡のシャットアウト、不当な請求や迷惑行為を防ぐことが可能です。

特に示談交渉中は、保険会社同士で過失割合を取り決め、補償金の支給額を査定します。しかし、この最中に過失割合を下げようとして直接電話連絡を相手に行う方は少なくはありません。また、勤務中やプライベートを問わず連絡をされてしまうこともあり、生活に支障がでるケースもあります。しかし、弁護士なら自身の代理人となってくれるため、相手からの電話に応対してくれます。また、相手が迷惑行為を行ってきた場合でも、交通事故とは別の事件として対応してくれるなど、日常生活への影響も回避してくれます。

もし、相手方の行動に不審な点や言動に不安を感じた際は、弁護士を介入させトラブルを未然防止するのがおすすめです。弁護士が介入しているということが分かれば、下手な行動ができなくなります。

最新記事一覧

カレンダー

2018年12月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

新着情報

弁護士に相談した方が良いこれだけの理由

交通事故の過失割合に納得できないときは弁護士に! 自動車同士の交通事故の場合、過失割合という考えがあります…

もっと読む

示談は弁護士を介するのがベストの選択

交通事故の解決を弁護士に頼むメリットとは? 交通事故の被害に遭ってしまった場合、相手側と交渉をしなければい…

もっと読む

非常時には冷静な人間が必要不可欠

万が一の交通事故の時には迷わず相談しよう まさか自分がこんな目に遭うなんて…。不幸にも実際に交通事故を経験…

もっと読む

忘れてはいけない保険会社の建前と本音

交通事故にあってしまったときは弁護士に依頼しましょう もし、交通事故に巻きこまれ、被害者となってしまったと…

もっと読む