弁護士に相談した方が良いこれだけの理由

交通事故の過失割合に納得できないときは弁護士に!

自動車同士の交通事故の場合、過失割合という考えがあります。この割合により、保険会社は保険金の支給や賠償金の支払いなどを行います。しかし、保険会社の提示する過失割合に納得のいかないこともあります。そもそも、保険会社の多くは過去の交通事故の情報や裁判の判例から過失割合を決めているのが実態です。そのため、実際の当事者同士の考える割合との乖離が生じることもあり、納得ができないときは交通事故を専門とする弁護士に依頼するのが重要です。

保険会社の提示する過失は妥協案という要素が強く、結果として同意を求めてきます。あくまで同意であり、納得のいかない過失割合については拒否することもできます。しかし、拒否するにあたっては法的、かつ科学的な根拠など専門性が必要であり、個人での対応では膨大な労力を要します。しかし、弁護士なら報酬型となるため、自身の労力を軽減することができ、納得のできない過失割合そして補償金のアップといったことが期待できます。最近では、自動車保険に弁護士特約を付けることが多く、実際には過失割合がゼロで使用しても等級が下がることもないため、活用するのがおすすめです。先ずは、保険会社同士の見えない取り決めに振り回されないように弁護士を有効活用しましょう。

交通事故での後遺症は早い段階の弁護士相談を!

交通事故により、ケガを負うことは少なからずあります。交通事故直後にケガを負っているのであれば、完治するまで保険会社の保険金を受け取ることができます。しかし、交通事故では事故直後は軽症であるものの、時間が経つにつてれて後遺症に至ることもあります。示談が成立している場合、保険金の支給や損害賠償請求が行えなくなってしまいます。そこで、交通事故の規模が大きいものの、ケガが軽症という場合は将来に備えて弁護士に依頼するのがおすすめです。

弁護士が介入した交渉により、本来では打ち切られてしまう、後遺症に対する治療を受けられる可能性がアップします。さらに早い段階で後遺症が発覚した場合は、後遺障害の認定が迅速化されるだけでなく、等級アップも期待できます。特に自動車保険には相手が障害を負った場合、保険支給額がアップするなどの特約もあります。示談後に発覚した場合では受け取れなくなるものの、交通事故を専門とする弁護士であれば、示談交渉の締結を焦らず行ってくれ、後遺症の疑いをしっかりと見極めてくれます。

先ずは、示談成立後に後遺症が分かり泣き寝入りしないためにも、弁護士に相談して適切な対応を行うことがおすすめです。

最新記事一覧

カレンダー

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

新着情報

弁護士に相談した方が良いこれだけの理由

交通事故の過失割合に納得できないときは弁護士に! 自動車同士の交通事故の場合、過失割合という考えがあります…

もっと読む

示談は弁護士を介するのがベストの選択

交通事故の解決を弁護士に頼むメリットとは? 交通事故の被害に遭ってしまった場合、相手側と交渉をしなければい…

もっと読む

非常時には冷静な人間が必要不可欠

万が一の交通事故の時には迷わず相談しよう まさか自分がこんな目に遭うなんて…。不幸にも実際に交通事故を経験…

もっと読む

忘れてはいけない保険会社の建前と本音

交通事故にあってしまったときは弁護士に依頼しましょう もし、交通事故に巻きこまれ、被害者となってしまったと…

もっと読む